女性のスーツのお手入れ

女性の仕事着協議会

女性の仕事着のマナーと理想的服装をご紹介

このサイトについて

仕事をする女性にとって仕事の次に気になるのは毎日の服装かもしれません。職場に制服がある場合でも通勤途中はプライベートな服装ですし、制服がない場合は職種ごとの特徴を活かした服装をする必要があるかもしれません。いずれにしても外見で第一印象が形成されますので、気を遣わなければいけません。そうなると新入社員はいろいろと迷いが出てくるかもしれませんね。そんなときに参考にしていただくために本サイトを立ち上げました。

スーツのお手入れ方法について

スーツのお手入れ方法について

仕事の服装のメインとなるスーツは着用することの多い重要なアイテムです。それだけに酷使されてくたびれてしまいがちです。いつでもスッキリ清潔感のあるスーツとして着用するためのお手入れ方法をご紹介します。まずはお手入れに必要なアイテムのご紹介からです。

お手入れに必要なアイテム

ブラシ・・・ホコリや汚れを取り除くのに必要となります。スーツ用には化学繊維でできたブラシよりも天然の豚毛や馬毛のものがいいでしょう。
専用ハンガー・・・ジャケットやパンツは型崩れしないように専用のハンガーを購入するのがいいでしょう。店舗などで無料でもらえるような針金ハンガーは使わない方が無難です。とくにジャケット用は肩の部分が肉厚な木製のハンガーが適切です。
霧吹き・・・スーツにシワができたときに湿気を与えるために使います。ホームセンターなどで販売しているもので問題ありません。
スチームアイロン・・・霧吹きでシワがとれないときやパンツのセンタープレスをつけるのに必要です。使用時には必ず当て布をしてテカリを防止しましょう。

ブラッシング方法

ブラッシングをかけることはスーツのお手入れの基本です。着用後は必ずブラッシングするようにしましょう。スーツは天然ウールが多く、ホコリや汚れが付いたまま放置しておくと生地の回復力が遅れてシワになってしまいます。前身頃から始め、上から下へと繊維に添って撫でるように軽くブラッシングします。ホコリやフケなどが付きやすい肩は念入りに行いましょう。ラペル部分は裏に手を添えながらブラシをかけます。衿を捲った部分にもホコリや汚れがたまりやすいので、手を添えながら撫でるようにブラシをかけましょう。最後に後ろ見頃も、上から下へ繊維に添ってブラッシングします。

シワへの対処方法

ヒジやヒザの部分にはシワができやすく、軽いシワならばその日のうちに霧吹きで湿気を与えましょう。繊維の復元力がありますので、そのまま自然乾燥すればキレイになります。シワがくっりきついてしまったり、なかなか取れない場合などはスチームアイロンを使用します。直にかけるのではなく、浮かせてスチームをあてておくと乾いたときにはシワが伸びています。

上手な保管方法

スーツは1日着ると2日休ませるのが基本です。保管時にはシワが伸びるようにすることと型崩れを防ぐことが必要です。専用ハンガーを利用するようにしましょう。ジャケットは肩の部分にフィットする肉厚なハンガーが最適です。木製のものは吸収性があるのでオススメです。パンツはクリップの付いたハンガーに裾を上にして吊るします。重みで自然とシワが取れます。クリーニング後はビニールのまま保管するのではなく、スーツ購入時にもらう不織布のガーメントバッグに入れて保管しましょう。月に一度は風を通すことを忘れずに。また、最近のスーツは自分で洗濯ができるものや夏の暑い時期用のクールビズ対応等、特別な機能性を持ったものもありますので、定期的にスーツの専門店の店頭をのぞいてみたり、ネット上のサイトを見てみることをお勧めします。


例えば、色々なスーツを見る場合には、AOKIのような超大手のサイトがよいでしょう。
AOKI