転職を考える女性看護師が把握しておくべきこと

女性の仕事着協議会

女性の仕事着のマナーと理想的服装をご紹介

このサイトについて

仕事をする女性にとって仕事の次に気になるのは毎日の服装かもしれません。職場に制服がある場合でも通勤途中はプライベートな服装ですし、制服がない場合は職種ごとの特徴を活かした服装をする必要があるかもしれません。いずれにしても外見で第一印象が形成されますので、気を遣わなければいけません。そうなると新入社員はいろいろと迷いが出てくるかもしれませんね。そんなときに参考にしていただくために本サイトを立ち上げました。

【看護師編】事前に把握しておきたいこと

【看護師編】事前に把握しておきたいこと

看護師として働く場合、特殊な資格を有していることなどから他の仕事よりも自分の求める職場を選択しやすい状況にあります。しかし、選択肢が広がる一方、どの職場に決めていいのか迷ってしまうこともあるようです。そのため、自分がどのような環境でどのような働き方をしたいのかをよく考えてみる必要があります。そこで都会の病院と地方の病院との違いをご紹介したいと思いますので、ぜひ職場選びの参考にしてみてくださいね。

都会の病院

・交通の便が良いので、電車やバスで通勤できます。
・都心になればなるほど、人の目がありオシャレに気を使う必要があります。
・講習会や研修会などが多く、勉強する機会に恵まれるためキャリアアップしやすい環境にあります。
・看護師不足を補うために勤務条件やお給料を良くしている医療機関が多くあります。
・受診する患者が多く、テキパキと効率よく働く必要があります。

地方の病院

・配偶者や子供、両親などと同居している人が多い傾向にあります。
・専門看護師や認定看護師など資格を取得しようとすると、研修や講義を受けるために都会へ行かなければいけない場合があります。
・時間に余裕があるため、患者とのコミュニケーションが十分に取れます。
・看護師も患者も高齢者の割合が高く、慢性的な看護師不足の医療機関も少なくありません。

都会と地方の顕著な違い

このように、都会で働く場合と地方で働く場合では、さまざまな違いがあることが分かります。顕著な違いとしては、都会には病床数の多い大病院や大学病院がたくさんあって先進医療に触れる機会があります。
例えば都会の横浜市ならば、


市内には、ベッド数600床以上の横浜南共済病院・横浜市立大学付属病院・横浜舞岡病院などがあります。

出典元:看護のお仕事
看護のお仕事

となり、対する地方病院では身近に患者と触れあうことが多いため実践力がつく反面、医学の最先端に触れることがないため、


実践力・技術力は付くけれど根拠があいまいになりがちだと感じているので、 日々自ら知識を付けたり勉強しなくちゃと思います。

出典元:nas nus
nas nus

と考えています。
都会と地方のそれぞれのメリットとデメリットをよく考えて職場選択に役立てましょう。