転職を考える女性社会人が事前に押さえるべきこと

女性の仕事着協議会

女性の仕事着のマナーと理想的服装をご紹介

【社会人編】転職を成功させるキャリアプランの立て方・情報収集のやり方

【社会人編】転職を成功させるキャリアプランの立て方・情報収集のやり方

転職を成功へと導くためには、自分で思い描くキャリアプランの明確化と企業の情報収集が大切です。人生のターニングポイントとなる結婚や出産、介護といったことも考慮しながら、転職活動が具体的になる前に抑えておくべきポイント、ここではキャリアプランニングや条件の出し方、情報収集のやり方などをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

将来のビジョンを明確に

転職を決める前に考えておいた方が良いことは、現状と理想をしっかり把握することです。「今の職場は働きづらいから」「今の職場の人間関係はツラいから」とおいう理由だけで転職を考えても、なかなか思うように進みません。自分はどんな将来にしたいのか、仕事との関わり方をどうしたいのかをしっかりと考えてみましょう。つまり、キャリアプランを明確にするのです。ざっくり「将来」と言っても想像をしにくいので、まずは1年後、3年後、5年後、10年後の自分を思い描いてみると良いですよ。 女性の場合、キャリアプランを考えるときにはどうしても人生のプランニングも必要となってきます。結婚はどうするのか、出産はいつ頃を想定しようか、親の介護はいつ頃からか、など。どんなに男女平等な世の中になったとしても、まだまだ結婚・出産で「働く」ことに制限がかかってしまいます。そのため、キャリアプランは人生プランと一緒に検討していきましょう。そのキャリアプランと現状を比較して不足している箇所、満足できない箇所をピックアップします。給与、残業の有無、やりがい、経験できること、働き方など、チェックポイントはたくさんありそうです。どこをどうしたら理想のキャリアプランに近づくことができるのかを、明確にします。そして、転職をすることでのリスクも十分に考えましょう。転職をすることが、全てを満たすことになるとは限りません。冷静に、客観的に判断していくことをオススメします。

譲れないポイントをはっきりと

キャリアプランがが明確になったら譲れないポイントを、まとめてみましょう。「MUST」と「WANT」を区別させておくので。絶対に譲れないポイント「MUST」、あったらいいな程度のポイント「WANT」をしっかり認識しておくことで、会社選びがスムーズに進みます。 転職を成功に導くためにも、MUST条件は3点程度にしましょう。多すぎると、自分に最適な企業を選ぶことが難しくなってしまいます。
このMUST・WANTの出し方について、1つ例を挙げてみます。
(1)譲れない条件を10個書き出してみる
(2)(1)で書き出した各項目の優先順位をつけてみる
(3)(2)でつけた順位の、どこまでが絶対譲れないのかを考えて線引をする
転職活動で満足できる将来に近づくため、定期的にチェックしていくようにしましょう。

情報収集は多角的に

情報収集のやり方も、時代と共に変化しています。以前は転職雑誌やハローワークの活用がほとんど。現在の主流はWebの求人サイトです。PCやスマホ、タブレットを活用し、さまざまなところから情報を集めていきましょう。求人サイトには、それぞれ強みがあります。業界だったり、女性向け、ガテン系、IT系、看護系などがそれです。自分が希望する転職に強いサイトを見つけて、そこに登録し活用していけると良いでしょう。サイトによっては登録をすることで非公開求人を閲覧できるようになるケースも。また、気になる会社の口コミを見たり、株の動きや売上状況、景気情報なども含め、多角的に情報を集めて判断していけると良いですね。


世代も、住んでいる場所も、ライフステージも、仕事環境も、キャリアも、現代の働く女性は百人百様。 ただ、すべての人に言えるのは、「今を変えたい」と思ったときこそ 行動のベストタイミングということ。 可能性はさまざまな形で広がっているのだから。

出典元:日経WOMANキャリア
日経WOMANキャリア
働く女性は人それぞれなので、転職をベストタイミングにするためにも自分のMUST条件に合う会社を情報収集して探しましょう。

このサイトについて

仕事をする女性にとって仕事の次に気になるのは毎日の服装かもしれません。職場に制服がある場合でも通勤途中はプライベートな服装ですし、制服がない場合は職種ごとの特徴を活かした服装をする必要があるかもしれません。いずれにしても外見で第一印象が形成されますので、気を遣わなければいけません。そうなると新入社員はいろいろと迷いが出てくるかもしれませんね。そんなときに参考にしていただくために本サイトを立ち上げました。