女性の面接時の印象はメイクが大事

女性の仕事着協議会

女性の仕事着のマナーと理想的服装をご紹介

このサイトについて

仕事をする女性にとって仕事の次に気になるのは毎日の服装かもしれません。職場に制服がある場合でも通勤途中はプライベートな服装ですし、制服がない場合は職種ごとの特徴を活かした服装をする必要があるかもしれません。いずれにしても外見で第一印象が形成されますので、気を遣わなければいけません。そうなると新入社員はいろいろと迷いが出てくるかもしれませんね。そんなときに参考にしていただくために本サイトを立ち上げました。

面接時のメイクのポイント

面接時のメイクのポイント

面接の際、面接官の第一印象が重要なのは言うまでもありません。基本的には、身だしなみに清潔感があって明るく健康的に見えることです。女性の場合はメイクにも大いに関係してきます。面接メイクの基本とはなんでしょうか?まず第一にナチュラルメイクを心がけましょう。厚化粧も、すっぴんもNGです。血色が良く見えて清楚なイメージで自分に似合うメイクを心がけます。ポイントは清潔感があり、健康的に見えることです。では、詳しく見ていきましょう。

ベースメイク・チーク

ベースメイク・・・自分の肌の色に近いものを選び、顔と首の色が違ってしまわないように気を付けます。中心からクルクルと広げるように塗ると立体感が出て、生き生きとした肌に仕上がります。ニキビや目の下のクマなどはコンシーラーでカバーし、ファンデーションを塗り過ぎないように注意します。ラメ入りのものなどは避けたほうが無難です。時間が経っても崩れにくい下地を使い、面接前には必ず化粧直しをしましょう。
チーク・・・自然な血色に見えるようにピンク系やピーチ系がオススメです。笑った時に一番高くなる部分に薄くつけます。肌になじみ、明るく上品な印象になるようにしましょう。

目元

アイシャドウ・・・ラメやパール系、原色のものを避けて、ブラウン系やベージュ系などのナチュラルなものを使い、自然なグラデーションを心がけます。
アイライナー・・・黒か濃茶色を使用し、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように少しずつ丁寧に引きます。下ラインを引く場合は、目尻のみに自然な感じで引くようにしましょう。
アイブロー・・・髪の色に合せて、黒か濃茶色、濃グレーを使うといいでしょう。自然な柔らかなアーチを描きます。
マスカラ・・・まつ毛は、ビューラーで自然なカールをさせて黒か濃茶色のものを使用します。ボリュームタイプのものよりも、ロングタイプのものを使って自然な印象になるようにしましょう。化粧崩れしないように落ちにくいマスカラを使用するか、マスカラコートでカバーしましょう。つけまつ毛は使わない方がいいでしょう。

唇・肌

リップ・・・自然で健康的に見えるようなオレンジ系やピンク系、ベージュ系などのものが肌なじみがいいでしょう。グロスやリップクリームだけでは色が無く顔色が悪く見えてしまうので注意しましょう。落ちにくいものを選ぶようにし、面接前には鏡でチェックして塗り直しましょう。
スキンケア・・・就職活動中は忙しくてストレスがかかるため肌荒れしやすくなります。しっかり洗顔し、ニキビや肌荒れ対策のスキンケアをしっかりしましょう。肌の状態が良くなれば、化粧のノリも良くなり、好印象なイメージにつながります。

メイクのための化粧品が決まったブランドがなく、いつもどうしようか迷っているのなら、ネットの化粧品総合サイトを利用すると便利です。店頭に赴かなくても入手可能ですし、一つのブランドに縛られることなく、多数の人の口コミを参考に自分にあった化粧品を試すことができるからです。

化粧品総合サイトでは、コスメティックタイムスがおすすめです。人気の化粧品を数多く揃えており、価格も魅力的です。
Cosmetic Times