女性の第一印象を左右する面接時の服装

女性の仕事着協議会

女性の仕事着のマナーと理想的服装をご紹介

このサイトについて

仕事をする女性にとって仕事の次に気になるのは毎日の服装かもしれません。職場に制服がある場合でも通勤途中はプライベートな服装ですし、制服がない場合は職種ごとの特徴を活かした服装をする必要があるかもしれません。いずれにしても外見で第一印象が形成されますので、気を遣わなければいけません。そうなると新入社員はいろいろと迷いが出てくるかもしれませんね。そんなときに参考にしていただくために本サイトを立ち上げました。

面接時の服装のポイント

面接時の服装のポイント

面接官は最初にあなたの顔と服装を見ています。これが第一印象を形成しますので、メイクに注意を払った後は服装の準備もしましょう。面接時の服装はどこに注意したらいいのでしょうか?面接時に重要視されるのは社会人らしく清潔感溢れる身だしなみができているかです。服装を見ただけで、あなたにビジネスマナーが身についているかを判断されますので気を付けましょう。では、詳しく見ていきましょう。

服装

服装・・・必ずスーツを着用しましょう。色合いとしては黒かベージュでまとめるのがベストです。また濃紺やグレーも良いですし、パンツスーツも大丈夫です。ただし、リクルートスーツはNGなので気を付けましょう。中に着るシャツは白色がベストですが、薄いブルーやピンク、クリーム色などもいいでしょう。カットソーやニットなどでも大丈夫ですが、胸元が強調されたり、大きく開いているものはNGです。少しでも「この服装で大丈夫かな?」と不安を感じる場合は止めておくのが無難です。
ストッキング・・・ストッキングは必ず履くようにしてください。素足やタイツはNGです。自然な肌色に近い無地のベージュのものがベストです。

バッグ・靴

バッグ・・・A4の書類が入るサイズのビジネスバックがベストです。色は黒がオーソドックスですが、靴やベルトの色に合わせるのもいいでしょう。ブランドもののバッグやトートバッグ、リュック、カジュアルなものなどは避けましょう。
靴・・・面接官は足元もしっかりチェックしています。ピンヒールのようなヒールの高いもの、反対にペタッとしたもの、ブーツやミュール、スニーカーなど、これらのものはNGです。黒色のナチュラルなもので、ヒールは5センチ程度の太めのものが安定感もあり足がキレイに見えます。

メイク等

メイク・・・清潔感溢れるナチュラルメイクが基本です。厚化粧やすっぴんは絶対にダメです。
ヘアスタイル・・・髪の色は黒かナチュラルブラウン程度が清潔感がありベストです。明るいカラーなどを入れている場合は、染め直すか、ショートヘアにしておきましょう。髪が長い場合は一つに束ねるようにしましょう。髪が短い場合はパサつきや広がりを押さえ、顔回りをスッキリさせます。お辞儀をしたときにサイドの髪が顔にかからないようにしましょう。
ネイル・・・どんなにステキなものでもマニキュアはキレイに落とし、爪は短く切って、清潔感をアピールしましょう。
アクセサリー・・・結婚指輪以外の指輪やネックレス、イヤリング、ブレスレットなどは付けない方が無難です。面接官によっては派手な腕時計やブランドものの腕時計なども印象が悪くなる場合がありますので気を付けましょう。